2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その170 [無断転載禁止]©2ch.net

176 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/18(木) 20:11:19.68 ID:N27Klck+0
Q・クェンティン「ある殺人者の肖像」1942年

貴族で名士で金持ちで、喉頭癌で発音が不明瞭で、不格好で、旧弊な程信心深く、善意にあふれ、14歳の一人息子を溺愛している父親。
当の息子は父親を煙たく思い、殺す。
父親は時限ロックつきの金庫室にこもって仕事する日課があるので、機械いじりが得意な息子は泥棒よけのアラームと偽り時限ロックを狂わせる自作装置を設置。
仕事中に密閉された金庫室に閉じ込められた父親、夫人宛に喉頭癌の痛みに耐えられないという内容の遺書を書いて拳銃自殺。
息子宛には…きっと、全てを許すと書いてあったのだろう。息子は封も開けずに焼き捨てたが。

この息子、アリバイ工作と証人づくりのために親しくもない学生。屋敷に招待してるんだよね。
この学友が当時は殺人だと思わず、大人になってからもしかしてあれは…!って思い当たるのが後味悪い。

431 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)