2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

後味の悪い話 その170 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 17:06:56.50 ID:WNWZRj530
■注意■
・ネタバレ必須です(但し、新作などの場合はある程度の配慮をお願いします)
・既出上等。
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-5あたり参照)
・ageよりsage進行でおながいします。
・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
・1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を書き終えてから、連続投稿してください。
・漫画ネタを見たくない人は「漫画」「まんが」「マンガ」「アニメ」をNGワード登録しておくと快適にご覧いただけます。
・「ン〜ゴ」「〜クレメンス」等特定の板限定で通用する言葉をもっと広めるためにもどんどん使用していきましょう。

聞いた後に何となく嫌な気分になったり、切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

★重要!
【次スレは>>950 を踏んだ人が立てて下さい。】
※立てられない場合は早めに申告して下さい。
次スレが無いのに埋める荒らしが居るため、スレ立ては最優先でお願いします。
>>950 を超えたらネタの投下は次スレまで待つぐらいが良いでしょう

前スレ
後味の悪い話 この169 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1489674100/

2 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 17:08:37.96 ID:WNWZRj530
ネタの書き込みの悪い例
-----------------------------------------------

マウントスノーの村が後味悪い。老人は酔った勢いで口を滑らせただけなのに、
50年間たっても許されない。

でも主人公たちが頼んだら許してくれて、よかった・・・と思ったら老人は
若返らず、友達や知り合いにも、あの爺さん誰?とか言われてる。
しかも女王は「自分だけ50年の歳月が流れている。それが本当の罰です」とか
言ってるし。じゃあ今までのは罰じゃないのかよ! と・・・orz

3 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 17:10:01.08 ID:WNWZRj530
ゲームのネタでDQ6の雪国の山奥の村の老人の話。
細かいことは覚えてませんが、だいたいこんな話。

主人公たちがやってきた雪深い山奥の村は、住民が氷漬けにされていて、
生きて動いているのは一人の老人だけ。

昔、若者だった老人は山奥で、氷の女王に遭遇してしまう。
絶対に私と会ったことを口にしてはいけないと口止めされたにも関わらず、
老人は酒場で酔った弾みに友達にそのことを話してしまう。
気づいたら老人だった若者以外みんな凍りついていた。

罪の意識を感じた老人は、無人の村で孤独に50年過ごす。

主人公たちは女王様に会いに行って村にかけた呪いを解いてもらうように頼む。
女王様は彼ももう十分苦しんだでしょうからね・・ってあっさり呪いを解いてくれる。
呪いが解けて活気が蘇った村で、酒場で50年前の続きをやっている友達や知り合いに、
○○(老人の名前)の部屋にいるあのジイサン誰だろうな?って言われる老人。
老人が若返ったりする救済無し。

「周りがあの時のままなのに、自分だけ50年の歳月が流れている。それこそが彼に対する本当の罰です」
このイベントの後に女王を尋ねると、↑みたいなことを言っていた気がする。

結果的に彼の不幸によって主人公たちは伝説の剣を手に入れられるんだけど。
後味悪い。

4 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 17:11:57.22 ID:WNWZRj530
テンプレは以上です。

ちなみに、>>2>>3をわざと分かりにくく改変したもので、
下手な書き込みを晒し上げてる訳じゃないんですよ。

では、引き続き後味の悪い話をどうぞ。

5 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 17:58:22.94 ID:WNWZRj530
即死回避がてら適当に

檜山良昭「日本本土決戦〜昭和20年11月、米軍皇土へ侵攻す!〜」
原爆開発計画がアインシュタインやオッペンハイマーによる人道的な理由によるサボタージュにより大幅に遅れたため、
トルーマン大統領が日本本土上陸作戦である「オリンピック作戦(九州上陸)」「コロネット作戦(関東上陸)」を命令
また日本では終戦工作に対して陸軍が阿南惟幾陸軍大臣を擁し、講和派の東郷茂徳大臣を暗殺しクーデタ内閣発足。

以上の実際は起きなかった要素を軸に話が展開する軍事シミュレーション小説。
陸軍のクーデタ直後の昭和20年8月8日、ソ連が満州に侵攻、第三国を介しての戦争終結は不可能となる。
米軍は南九州に侵攻、日本は民間人も動員し、南九州占領だけで米軍七万人、日本はその10倍の死者を出す。
民間人の犠牲に苦悩した和平派閣僚たちは一堂に集まり終戦工作を行うが軍部にバレ、全員殺害。
米軍は早期の戦争終結を図るために昭和天皇誘拐を図るが天皇は松代に移された大本営に軟禁され、米軍工作員の潜入に時間を要した。
その間、米軍は自軍、日本軍(すでに学童まで動員している)の多くの犠牲を生みつつ東西から本土侵攻。
陸軍は関東防衛のため、かつて満州事変を起こした石原莞爾を起用。
石原は効果的な米軍迎撃策を準備し、米軍に多大な損害を与えた。
しかし昭和21年5月、米軍が原爆開発に成功したとの報告を聞き、石原の持論であった「世界最終論」における、戦争を早期に
終結させる要素である「大量破壊兵器」が今戦争で開発されたと悟り、石原は陸軍に無断で米軍と単独講和。
ちょうどその頃、松代に潜入した米軍工作員であったが、潜入を察知した陸軍は天皇を米国に渡すよりは、と
松代大本営を天皇もろとも爆破。

6 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 18:03:11.16 ID:WNWZRj530
エピローグはトルーマン大統領に軍部が現状を報告する場面で始まる

米軍高官「上陸作戦後のわが軍の戦死者は75万名。
一方、日本には上陸時、約8千万人の人口がいましたが、この上陸作戦後の戦闘員の死者は約160万人、
民兵・民間人の死者数は1400万人、しかし天皇が死亡したため各地での抵抗は継続し、わが軍をみると
自決する者も後を絶たないため、民間人の死亡者数はより増加すると思われます。
また、すべての都市が消滅、農村は荒廃したため、生存者は石器時代の生活水準となっており、
開戦時の水準まで復興するまでには数世紀かかるでしょう。
いずれにせよソ連のことを考えるとわれわれが復興に手をかさねばなりませんが、食糧供給体制がととのうまで
500万人以上の餓死者が出るでしょう」
トルーマン大統領はうんざりした顔をした後、しばらくしてぽつんと言った。
「この戦争でお互い得たものは何だったのかね。おたがい、ここまでやる必要があったのかね」

7 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 18:32:34.64 ID:WNWZRj530
石原孝哉「悪王リチャード三世の素顔」
リチャード三世といえば、シェークスピアによって、せむし(重度の脊椎側湾症)のぶ男であり、
自分の兄のエドワード4世や、兄の息子たち2人をロンドン塔に幽閉して殺害し、
自身がイングランド王に即位した、イギリス史上でも悪名高い暴君であるとされるが、
たとえばジョセフィン・ティー「時の娘」などのように、実はリチャード三世は善人であり、
現在のような悪名をもったのは著名人であるトマス・モアが又聞きした話を書いた文章を、
シェークスピアが戯曲に流用し面白おかしく膨らませたのが原因、と唱えるものも多くなっている。

そういったリチャード三世の諸研究に対する著者の結論はと言うと
エドワード4世を殺害したというのは後世のでっち上げだし、
エドワード4世の王子二人の殺害に関するトマス・モアの詳細な記述についても虚構といえるだろう。
ただ、王子たちの姿が見えなくなったのがリチャード三世であったことを考えると王子殺害に関する
状況証拠はリチャード三世に圧倒的に不利に働く。
また、仮に犯人がリチャード三世でなかっったにしろ、リチャード三世が王子二人の後見人であったにも
関わらず自身が王位に就き、王子たちを庇護する義務を怠っているため、リチャード三世は潔白ではありえない。

一方、リチャード三世が「せむし」であるとされたのは、「せむしの男は性格もねじ曲がっている」という中世の通念を
反映したもので、反リチャード三世の伝記をトマス・モアがそのまま記述し、シェークスピアが膨らませたことで
ゆるぎない「史実」とされてしまっただけで、これは虚構である。

8 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 18:35:50.14 ID:WNWZRj530
・・・と本文での記述はなっているが、作者のまえがきには
「2012年の夏、リチャード三世らしき人骨が発見され、DNA鑑定の結果、リチャードの姉の子孫とDNAが完全に一致した。
また、遺骸はかなりの脊椎側湾症であることが写真からもはっきりと分かる。
ただし本書では背骨の湾曲は後世の想像という説に従ったままとしておく」

と書かれており、結局「悪王リチャード三世の素顔」としておきながら
シェークスピア「リチャード三世」のリチャード三世のイメージである
「甥を殺害した、せむしの悪王」というのはほとんど変わらないのがなんとも。

※「せむし」には差別的な意味合いがあるがあえてそのまま表記した

9 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 18:57:22.58 ID:Mj8+dwdc0
>>1おつ

10 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 19:00:07.86 ID:83zqOjek0
>>1 おつ保守

11 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 19:33:13.94 ID:WNWZRj530
ナポレオン配下の元帥の一人ミシェル・ネーについて

ミシェル・ネーは樽職人の息子であったがフランス革命の中で軍人としての能力を発揮し
ナポレオンの皇帝即位時に元帥号を与えられた18人の1人となった。
特に有名な功績として、ナポレオンがロシアの焦土作戦によりモスクワから撤退した際に
常に殿軍として味方の背後を護衛し、退却を援護したことがあげられる。
しかしナポレオンがライプツィヒの戦いに破れ、パリが連合軍によって陥落した時には
他の将軍たちとともに、さらなる混乱を回避するために、ナポレオンに退位を勧告した。
ナポレオンがエルバ島に流され、ルイ16世の弟であるルイ18世がブルボン朝を復活させた時には、
「まったくわけがわからない。人々は昨日まで王弟(ルイ18世)のことなど知らなかったはずなのに
もう王弟に熱狂している!」と思いながらも、ルイ18世に忠誠を誓い、
ナポレオンがエルバ島を脱出した時には「ナポレオンを鉄の檻に入れて帰ってきます!」と国王に宣言。
しかしナポレオンの布告文を見ると懐かしいナポレオンの文体に感動し、いざナポレオンに
対峙してみると、かつて配下であった頃の感情がよみがえり、
「あなたがかつてのように野心による害悪を生じさせず、武器を取るのは祖国防衛のためだけとと誓うならばあなたに服します」
と、そのままナポレオンに属した。
一方、頼りにしていたネーがナポレオン配下になったと聞いたルイ18世はフランスから逃亡。

12 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 19:37:33.84 ID:WNWZRj530
ふたたびナポレオンの天下となったが、「ナポレオンを鉄の檻に入れて帰ってきます!」
とネーは大みえをきっていたため、王党派からは「裏切り者」ナポレオン派からは「日和見主義」とみなされ、
ナポレオンからもいい顔をされなかった。
そのためワーテルローの戦いではほかに適当な将軍がいなかったため総指揮をとったものの、
かつてのように臨機応変の指揮ができず、死に場所を求めて「フランス元帥の死に様をよく見ておけ!」と叫んで特攻。
馬には弾が当たり何頭も死んだが、なぜかネー自身には弾が当たらず生還。
戦後、ナポレオンのセントヘレナ島流刑とルイ18世のフランス帰還によりナポレオンの百日天下終了。
亡命する時間はあったはずだが、ネーは策を講じないまま逮捕され、裏切りに怒り心頭のルイ18世により反逆罪に問われた。
当初は軍法会議にかけられるはずだったが一応貴族だったため、ネーは貴族院での判決を希望。
軍法会議であれば、同じ軍人による判決のため、寛容なものを期待できたはずであった。
しかし貴族院での判決では、樽職人の息子風情に温情などかける必要などない、
とナポレオンの百日天下の際の行動については不問に付す、とされていたにも関わらず
ネーには死刑が宣告された。
銃殺刑の際、ネーは「私は軍人として常に銃弾と砲弾を真正面から見てきた。」と慣例となっている目隠しを拒否。
「フランス人諸君、私は神と祖国の名において、私にくだされた判決に抗議する。
私は、人々と後世と神に正しい判断をゆだねる。フランス万歳!」
と叫び、心臓の上に手を当て「兵士諸君、ここを狙って撃て!」と命令。
こうしてネー将軍は味方の銃弾に斃れた。
なお、ルイ16世の娘のアングレーム公爵夫人はネーのモスクワ撤退の際の活躍について読み、
「もし私たちがこれを知っていたら!」とネーの死に泣いたという。

常に祖国のために行動していたが、単純で直情径行だったためにネーは死ぬこととなった。
「勇者の中の勇者」と讃えられたネーにはその後、生存説が生まれ、ナポレオン三世時代には処刑場所に
ネー将軍の銅像が立てられた。

13 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 20:38:28.40 ID:WNWZRj530
保守

14 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 20:46:27.62 ID:Vso7Ol0A0
>>1


15 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 21:21:37.15 ID:+aiaLXG80
ほかほかご飯につゆだくウンチ

16 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 21:22:58.08 ID:Vso7Ol0A0
>>15
お茶漬け

17 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 21:23:39.72 ID:Vso7Ol0A0
あ、コピペ消えた

18 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 21:32:41.11 ID:Vso7Ol0A0
キモ過ぎ(|||´Д`)

聲の形を見て「耳の聞こえない彼女が欲しい」と感想を持つことは倫理的に問題か - Togetterまとめ
https://togetter.com/li/1108958

倫理がない田中 @tanaka_tooru_
聲の形を見て「耳の聞こえない彼女が欲しいと思いました」という感想を持つことは倫理的に問題なのだろうか。仮に批判する場合、何を根拠に批判が成り立つのだろうか。

聴覚に障害があったからこそ心を通い合わせることができた→聴覚障害の彼女が欲しい、直観的に問題がある気がするけど説明できない

おしとやかな女性が好きですと聴覚障害の女性が好きですの違いは何だろうか

19 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 21:33:27.20 ID:Vso7Ol0A0
倫理がない田中 @tanaka_tooru_

「聴覚障碍者に失礼」という批判が考えられる。
「恵まれない身体に生まれても頑張っている聴覚障碍者を健常者が軽い気持ちでうらやましがる」という意味だとすれば、
それは「障碍者は可哀想」が根底にあるから現代的(?)価値観(障碍者は可哀想な存在ではない)と衝突する

聴覚障碍者の女性に対して「聴覚障碍者とお付き合いしたかったんです」と発言するのは問題という意見があった。
個人が不愉快に感じることと倫理的に問題とは距離があるように思われる。

「スリムの体形の彼女が欲しい」が問題がないことから「耳の聞こえない彼女が欲しい」も問題がない、という意見があった。
しかし、「耳の聞こえない彼女が欲しい」を公言するのはよくない気がするのはなぜだろう。

20 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 22:08:23.81 ID:Mj8+dwdc0
このスレで作品のタイトル伏せるって有り?

21 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 22:09:29.92 ID:WNWZRj530
天狗党の乱

幕末、水戸藩には諸生党(門閥派)と天狗党(非門閥派)という二派閥があり
天狗党の藤田東湖らが徳川斉昭の藩主擁立に成功したため、
徳川斉昭の元では藤田東湖の水戸学が盛んになった。
しかし開国派の井伊直弼により攘夷の代表である徳川斉昭は蟄居させられた。
それに怒った天狗党の一派である激派と薩摩浪士により、井伊直弼は桜田門外で暗殺。
徳川斉昭もその数ヶ月後蟄居が解かれぬまま病死。
開国攘夷のそれぞれの大物が死亡したことにより、幕府が決断能力を欠き、攘夷がなかなかなされぬことに
業を煮やした天狗党は恣意行動のため挙兵。
首領には軍学に詳しい武田耕雲斎を(武田信玄・勝頼の家老である跡部氏の子孫)、
副官として、若いながら慕われていた藤田東湖の遺児である藤田小四郎を選んだ。
(藤田東湖は安政の大地震で老母を助けた時に死亡)
とりあえず日光東照宮に檄文を奉納し、上洛して攘夷を認めてもらおうと西に向かいはじめた。
しかし、挙兵にあたっては攘夷に理解のある家から軍資金を募るとしていたのに、配下の田中源蔵と
その部下たちは軍資金を集める際に略奪、殺人、放火を行ってしまい、捕縛され斬首。
天狗党には盗賊のイメージが付いてしまった。

22 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 22:11:05.98 ID:WNWZRj530
水戸藩の諸生党は天狗党にマイナスのイメージがついたのを機に、幕府に天狗党討伐を進言。
そこで幕府も天狗党の近隣の藩に討伐を命じるが、天狗党は大砲などで武装していたため
多くの藩が二の足を踏み、ある藩は金品を天狗党に渡して領内を通らないようにさせ、
ある藩は形だけの戦闘を行って天狗党を通過させ、
たまに気骨のある藩は戦ったものの、天狗党に散々に敗れて逃げてしまった。
天狗党が上洛を目指した大きな理由には、かつて武田耕雲斎が養育係を務めていた
一橋慶喜が京都にいるため、直接慶喜に話せば天狗党の志を理解してくれるだろう、
そうすれば慶喜から孝明天皇や幕府に働きかけて攘夷を実行してくれるに違いない、
というものがあった。
しかし薩摩藩が「慶喜は天狗党と手を組んで幕府転覆を図っている」と中傷を流したため、
慶喜はすすんで「自分が天狗党を討伐する」と、同じく水戸藩の血を引く藩主を持つ会津藩や桑名藩の
軍勢を引き連れ、京都から天狗党に向かっていった。

23 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 22:14:45.70 ID:WNWZRj530
討伐軍が向かってくると知った天狗党はとりあえず軍を避けようと、冬にも関わらず
北陸経由で京都を目指そうと雪山を越えて越前に入った。
ところがそこで加賀藩から、討伐軍を率いているのがよりにもよって慶喜だと知り、
京都に入る目的を失った武田耕雲斎は、天狗党に同情的であった加賀藩の重役に
慶喜あての手紙を託し、慶喜に自分たちの誠意を知ってもらおうとした。
ところが慶喜は手紙を見ぬまま、天狗党を敵である諸生党の手に委ねた。
諸生党は天狗党隊員を1月以上、にしん倉に詰め込み、隊員たちは異臭がする中、次々と死亡。
生き残った隊員たちも倉から出された後、武田耕雲斎、藤田小四郎など約半数の352人が斬首となった。
なおこの斬首の際には、主君井伊直弼の仇が討てると彦根藩士が喜々として志願したという。
国元の天狗党の家族たちもほとんどが幼児を含めて諸生党により死刑された。
なお、慶喜を中傷し、慶喜が天狗党に対して強行措置をとらざるを得ないように
仕向けた大久保利通はこの処置について
「これらの酷い処置は遠からず幕府が滅亡する予兆である」と日記に記している。

それから3年少し後、時代は明治となり、遠島先から戻ってきた武田耕雲斎の孫で藤田東湖の甥である
武田金次郎は新政府軍として水戸に乗り込み、諸生党の家族を皆殺しにした。

こうして攘夷の急先鋒であった水戸藩の人材は消滅してしまった。


※書き忘れたのに気づいた、一橋慶喜は徳川斉昭の息子ね

24 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 22:27:33.82 ID:WNWZRj530
>>20
北斗の拳やるろうに剣心やドラゴンボールをわざとタイトルをふせて
主人公を悪役に見せかける、てのなら過去にあったけど
ウケ狙い?

基本的に書いたほうがいいと思う

25 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 22:52:44.79 ID:Mj8+dwdc0
>>24
個人的には好きだけどつまらなくて爆死してる作品だから晒し者にしたくないという理由

26 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/10(水) 22:56:28.22 ID:WNWZRj530
爆死してるならここに書くことで売上が増えることは確実
少なくとも減ることはない

27 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/11(木) 00:02:24.03 ID:EDQUIFVh0
>売上が増えることは確実

さすがに嘘だろそれ
つーか宣伝したいわけじゃないし。むしろ少し恥ずかしい。個人的に好きってだけでホントにつまらなかったから

28 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/11(木) 00:04:49.38 ID:EDQUIFVh0
内容から検索して調べるなり何なりすばたぶん分かるようにはするからタイトル伏せちゃだめか?

29 :電光戦車 その1@無断転載は禁止:2017/05/11(木) 00:08:29.05 ID:FZAqeOPL0
格闘ゲーム『アカツキ電光戦記』の電光戦車ストーリー

作品の設定をまず説明すると、第二次大戦時代にドイツの研究機関がチベットの古代文明を発見
その中から発掘した技術を改良して、人間が高出力の電気を出せる「電光機関」という装置を作った
しかし、大戦の混乱の中でこれらの研究や発掘内容は失われてしまう
……と見せかけて、研究機関残党とラスボスがそれを掌握していた

古代文明は魔術的な力もあって、何度も転生を繰り返して人類抹殺を目論む魔女がいた
ラスボスはその転生魔法と、大戦時に秘密裏に研究していたクローン技術を手に入れて永遠の命を入手、
さらに電光機関を掌握して人類に最終戦争を仕掛け、自分が神となって人口を減らすことを企んだ
(魔女が人類を抹殺するのは人間の肉体と魂を切り離して新しい次元に進化させるのが目的だけど、
 ラスボスは人口が増加しすぎて限界を迎えているので減らすことで世界を維持しよう、というのが目的)

主人公アカツキは、電光機関の計画に携わった技官だが、ラスボスの罠で無謀な航路を取る輸送任務に送られ北極海に沈没
しかしこの輸送船に積まれていた冷凍睡眠装置(ラスボスも転生魔法が得られるまでこれで生き延びた)で奇跡的に一人だけ生還
戦争が終わって半世紀が経過していたが、任務失敗時は電光機関を全て破壊せよという指令に従いアカツキは行動開始
そんなアカツキが持つ電光機関を狙う者たちや、ラスボス以外の転生魔法を狙う者たち
アカツキの同僚でクローン技術の研究者(冷凍睡眠していないので老人)などが戦いを繰り広げる、ってストーリー

30 :電光戦車 その2@無断転載は禁止:2017/05/11(木) 00:19:12.42 ID:FZAqeOPL0
「電光戦車」は電光機関を応用して様々な武装を積んだ「禁断の決戦兵器」と呼ばれる自律駆動戦車
キャタピラ駆動戦車なのだけどキャタピラが四肢みたいにある程度自由に動いたり先端にドクロがついたクレーンみたいな装備があったりして
プレイヤーが普通に対戦プレイで操作できるという、格闘ゲーム全体でも異色の設計のキャラクター
大戦時に計画は作られたが諸々の理由から破棄されたものを、ラスボスが復活させて量産、兵器として使っている
その正体については他のキャラクターのストーリーモードでちょこちょこ示唆されるのだけど、明確に明かされるのは電光戦車のストーリーモード

電光戦車のストーリーモードでは、ラスボスが人類抹殺のための準備をほぼ完全に整えた状態から開始
世界各地に戦車が送り出され、アカツキをはじめとする計画の邪魔者たちを文字通り蹂躙していく
しかし、任務を終えて基地に帰還した電光戦車のうち一台が暴走を始め、基地内部を破壊していく
戦いの中で電光戦車は言葉を発するようになっていく


最終ステージの説明
「電光機関は永久機関などではなかった
 ペルフェクティ・モーター
 それは命と電気の変換率…」

基地の最深部、ラスボスが待つ巨大電光機関にたどり着いた電光戦車
「稀にお前の様な個体が現れる…どれくらい思い出した? 言ってみろ」
「…アツイ……コワイ…チガ……シニタクナイ…
 カアサン…カミサマ……オレハ……ニ…
               ニンゲ…ン……」

31 :電光戦車 その3@無断転載は禁止:2017/05/11(木) 00:36:48.26 ID:FZAqeOPL0
生物はATPという物質を体内で分解するときに生まれるエネルギーで活動し
食物から得たエネルギーを使って再びATPを合成、というサイクルで生きている
電光機関はそのATP分解エネルギーを電気に変換する装置で、一種の動物兵器
そして使用者の命が削られる特攻兵器でもあったのだ
(古代文明人はATPの再合成能力が高いので、電光機関を用いても消耗が現代人より少なく使えるという設定)
ラスボスが掌握したクローン技術は転生魔法で自分が同じ肉体を維持しつつ生き返るだけでなく
電光機関を用いた人間爆弾として利用するためにも有効で、最終ステージの巨大電光機関もよくみると人間の血や肉塊みたいなものが映っている

そしてその電光機関を装備した電光戦車は、生きた人間を分解して部品として組み込んでいたもの
使い物にならなくなった瀕死の負傷兵を戦車の部品として再利用するのが、この兵器の正体だった
かつて計画が頓挫したのは、部品となった人間の意識混濁による暴走の頻発が原因だった

ラスボスを倒した電光戦車は、ラスボスにこれから自分がどうすればいいのか尋ねるが、ラスボスは「お前にも死は訪れる」と返す
電光戦車は拒絶するが、ラスボスが倒れた際に自爆装置が働いたのか、巨大電光機関は壊れて基地も崩落を始める

「そして今、基地の崩壊により遂にその役目を終える…」と、戦車は死亡したらしいことが示されてスタッフロール

戦車の設定自体がエグいし、ラスボス倒しても戦車はまるっきり報われてない
仮に生きてたとしても何人もの意識がごっちゃになった戦車なので元の人間には戻れないだろうし
おまけに倒したラスボスはどうせクローンに転生して復活→再起するのが見えている
(実際、クローン兵士のストーリーモードではラスボス倒すけど消耗の果てに兵士死亡→ラスボスは数か月で復活してる)

戦車自体は格ゲーキャラとしてはデザインも性能も本当にネタ臭くって、見ている分には笑えるようなやつだからなおさらきつい

32 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/11(木) 07:06:54.99 ID:hPb8AtWK0
>>28こっそり
「何かで見た小説(漫画)だけど〜」
てごまかせば支障なし

33 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/11(木) 15:01:13.51 ID:2jhi/FRV0
>>32
そんなん他人の「あ、それ知ってる。○○(題名)だよね」ってレスがあればなんの意味も無いじゃん

まあ別に題名出す義務なんて無いから別に出さなくてもいいと思うけど

34 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/11(木) 15:31:53.06 ID:FNr5o+FE0
何でも良いが前スレを先に埋めよう

35 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/12(金) 07:18:09.39 ID:b6tDNrJ60
>>28
砂ぼうずだって速攻でバレたなwww

36 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/12(金) 13:12:32.11 ID:KpIUZ6OQ0
>>35
ワタラwww

37 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/12(金) 16:24:42.35 ID:Vl38kcm90
全く観たことない自分でも出だしでピンときたくらいだからなw

38 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/12(金) 18:14:05.28 ID:4xe8ZYoQ0
しかも丁寧に>>32の「何かで見た小説(漫画)だけど〜」 をまんまコピペするとかww
「〜」はいらんだろ普通ww

39 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/12(金) 18:52:26.15 ID:hltOcyJI0
石ノ森章太郎の漫画『HOTEL』から、「須田の婆さん」

作品通じての舞台(というか「ホテルが主人公」って感じの作品)となるプラトンホテル
そこで働く「須田の婆さん」という通称で呼ばれる清掃員の話。
婆さんは劇中で一切セリフがなく、表情は常に薄ら笑いを浮かべているもので、パッと見た感じ何を考えてるかわからない危ない人。
外国帰りの宿泊客に化物扱いされたり、他の従業員からも厄介者の扱いをされている。

そんな須田の婆さんには、盗癖があった。
盗むものは様々で、歯ブラシとかはまだしもホテルの厨房から給湯器の蛇口を盗んだり、常務の印鑑みたいなものまで盗んでいる。
婆さんは娘と二人暮らしで、娘はせっかくの母の勤め先を失いたくないからと黙っていたのだけど、だんだんエスカレートしたので支配人に打ち明けに来た。
しかし、盗んだものは大したことないからとホテル側は大きな問題にしないことに。

その日、ホテルの宿泊客(カップル)がカメラを紛失したと騒ぎ立てる。
須田の婆さんを怪しむ客に、ホテル側は婆さんの盗み癖を知っているだけに焦るが、婆さんのロッカーには何もなし。
チェックアウトの際に悪態を吐く客だが、実はフロントの観葉植物にかけたまま忘れていて、それに気づいたらそそくさと退散。
このこともあってホテルの支配人たちは婆さんの処遇について考えるが、あと一週間で契約期間が切れるのでそのまま何も起こらないことを祈ろうと支配人。

その10日後、過去8年分の顧客名簿が入ったフロッピーディスクが紛失したことが発覚。
お得意様の名前や住所が全部入ったこのホテルの飯のタネが無くなったと、焦るホテル従業員たち。

「お母さん、お昼なんにします…? またおソバでいい…?」
娘の言葉に対して何も返さないまま、庭の花の水やりを続ける須田の婆さん。
その花の植木鉢には、フロッピーディスクがぎっしり突き刺さっていた。

40 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/12(金) 21:29:35.53 ID:E/+g7Hn80
何で植木鉢にさしたのかが気になるよぉ

41 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/12(金) 21:35:36.78 ID:4xe8ZYoQ0
認知症だったんだろ

42 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/12(金) 21:52:42.93 ID:FxWO0acu0
>>40
最後に顧客情報を持ち出したのが単なる盗癖の発露ではなく
厄介者扱いされてた恨みや悪意があっての事だとすれば
土と水まみれにしてフロッピーをダメにしてやろうって考えなのかもしらん
婆さんが何も語らないってとこが上手いな

43 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/13(土) 07:36:58.49 ID:mrcuUP/80
>>42ありがと、それだと職場の人たちの温情を一切理解しないで逆恨みしてるばあさんで後味悪くなるね

44 :@無断転載は禁止:2017/05/13(土) 08:35:14.81
                    ,===,====、
                   _.||___|_____||_
..                     /||___|^
..               ( ‘j’) //||   |口| |j’ )
.             ./(^(^ .//||...||   |口| |c  )
...               /   //  ||...||   |口| ||し      土曜日です
......         ( ‘j’ ) //....  ||...||   |口| ||        楽しく使ってね
          /(^(^'"//  ....  .||...||   |口| ||        仲良く使ってね
 ""    :::'' |/   |/ '' "  :::  ⌒  :: ⌒⌒⌒ :: ""  `
 :: ,, 彡()()  ̄ ̄ ̄  "、 :::: " ,, , :::   " :: " ::::  "

45 :@無断転載は禁止:2017/05/13(土) 08:35:18.68
                   。 ∧∧ ∧∧. っ
                     (‘j’三‘j’ ) 。
                   。  _| ⊃/(___  
                    / └-(____/        
         !ニi^'iニニニニニニ;'、===ョ.r-、  i^'i    ;'、===ョ.r-、   土曜日ど♪土曜日ど♪
       □二i ヽ、二二二! '゙i;:;:;;!二二二i ヽ、二二! '゙i;:;:;;!二二二l 土曜日ど土曜日ど♪ 
          ヾ、  ̄`⌒゙     ` ,ノ  ヾ、  ̄`⌒゙    ` ,ノ    
             ゙''ー-、,,    ,;. 、,f     ゙''ー-、,,    ,;. 、,f
             |,、  .|  '" i ゙|      |,、  .|  '" i ゙|
             f,   .,|,、   !, !      f,   .,|,、   !, !
           /´  ,ノf,   ,y  |    /´  ,ノf,   ,y  |
          ,/  ,;-/´  ,ノ  ,!   ,/  ,;-'/´  ,ノ  ,!
          i  i,/  ,;-'' `ヽ   ゙;,  i  i /  ,;-'' `ヽ   ゙;
             i  i     ヽ ヽ、   i  i     ヽ ヽ、

46 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/13(土) 13:10:28.35 ID:LQ4r9BnR0
題名忘れたけど短編のSF小説

主人公Aは、大学を出たばかりの前途洋洋の青年。
知り合いの娘と結婚を前提に付き合うことを期待されていたけど、Aはしっかりした娘よりその妹の華やかな美少女に引かれる。
姉妹と付き合いを重ねていくうちに妹娘もAにまんざらでもないようす。
Aの友人は姉娘に関心があるらしく、4人で出かけたときにさりげなく二人ずつに分かれるように仕組んでくれた。
Aがついに妹娘に告白すると、彼女も同じ気持を告げた。
気持ちが高まって互いに手を差し伸べあい指が触れそうになったとき、突然彼らの時間が止まった。

次にAが我に帰ったときには、目の前の妹娘はまだ手を差し伸べた姿で固まったままだった。
Aがだんだん知っていったことは、次のようなことだった。
あれから30年近くが経過していた。
この世にはAが凍結者と名付けた人間には見えない奴らがたくさんうろついている。
凍結者たちは気になった人間を見つけるとカメラのような機械で撮る(光線を浴びせる)、するとその人間は時が止まって彫像のように固まり、しかも存在が薄まって他の人間からは見えなくなり、素通りされるので誰からも気づかれない。
犠牲者はすぐにもとに戻ることもあり、長年固まっていることもあり様々である。一度凍結された人間には凍結者やその犠牲者が見えるようになる。
凍結者たちはAが復活したのを知っており、再凍結させようとつけ回している、
Aと妹娘は世間的に駆け落ちし行方不明ということになっていた。Aは親から勘当され、娘の親は悲しみにくれ外国に引っ越してしまい、A友人は姉娘と結婚はしなかった。

Aは世の中と30年もブランクがあるためろくな仕事にもありつけないまま、凍結者をかわしながら何年も娘が元に戻るのを待ち続けた。
ある時妹娘の立っている草原が火事になりAはつけてくる凍結者たちにも構わず慌てて駆けつけてみると、火が娘のスカートの裾に移っていた。
もしやと思い待っていると、やがて娘に意識がもどり体が動き、目の前のAを見つめて名を呼んだ。Aと娘はやっと手を取り、そして抱き合った。
その瞬間Aはまたしても自分たちの時間が止められるのを知ったが幸福だった。

凍結者という正体不明の存在のために罪もない人間がみんな不幸になっているだけの不条理な話だった。

47 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/13(土) 13:38:53.31 ID:tj8c6Tg70
>>1
テンプレおかしくない?

48 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/13(土) 14:08:26.60 ID:iAqL4Jl40
前々スレのコピペしたら
なんJネタが残ってたみたい、すみません

49 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/13(土) 15:05:28.52 ID:tj8c6Tg70
スレ立てありがとう

50 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/13(土) 18:41:56.02 ID:wWh5oqovO
書き込みに来たらいきなりアカツキの話が目に入ってワロタ

51 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/13(土) 18:58:35.31 ID:q4rKwd6W0
>>48
なんで前スレからコピペしなかったんだよ無能

52 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/13(土) 19:04:54.30 ID:xD6JFJ3M0
前スレのタイトルが間違ってたし
前スレの>>1-4にテンプレがなかったから
わかりやすそうな前々スレにした

53 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/13(土) 19:13:39.92 ID:q4rKwd6W0
【動画】ワニさん、母親の腕をデスローリングする
1: 以下VIPがお送りします 2017/05/12(金) 18:06:28.579 ID:s9hSqsRm0
https://imgur.com/gallery/ZBry1tS
ワロタ

3: 以下VIPがお送りします 2017/05/12(金) 18:08:20.034 ID:CcubGUL60
ワニが母ワニの腕喰いちぎる

4: 以下VIPがお送りします 2017/05/12(金) 18:08:25.440 ID:acVzEaBv0
食ってるやん

6: 以下VIPがお送りします 2017/05/12(金) 18:08:57.154 ID:QOahzWaa0
放り込まれた餌と勘違いしたとか?

8: 以下VIPがお送りします 2017/05/12(金) 18:09:13.199 ID:jub7KqSC0
なんで唐突に噛み付いたんだろうか

11: 以下VIPがお送りします 2017/05/12(金) 18:10:13.607 ID:WuoFRlJGa
>>8
口ん中に入ってきたものを食べようとしただけだと思われ

12: 以下VIPがお送りします 2017/05/12(金) 18:10:25.721 ID:7lGWZz1j0
あまり知られてないがワニはイモリのように腕を再生することは造作もない

13: 以下VIPがお送りします 2017/05/12(金) 18:11:10.823 ID:pyCxCvXK0
>>12本当? なら安心やわ

21: 以下VIPがお送りします 2017/05/12(金) 18:13:38.775 ID:f6b8lmNu0
>>12
嘘つくな

54 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/13(土) 20:30:20.45 ID:i38mqPgo0
腕は一生モノだよなぁ・・・
ワニってけっこう群れて動いてるイメージあるわ
こういう事よく起きてんのかね

55 :>>28@無断転載は禁止:2017/05/13(土) 21:37:18.06 ID:SdIKq2Ut0
>>35
自分>>28だけど、そんなの書き込んでないよ?

ってかまだネタ自体書き込んでないし
>>28への返答が無いから駄目なのかなと思って諦めてる

56 :>>28@無断転載は禁止:2017/05/13(土) 21:43:16.00 ID:SdIKq2Ut0
ちな大した話ではない。概要だけ書くと
自分の好きなキャラがハッピーでもバッドでもない特殊なノーマルエンドな終わり方をしたのが個人的に後味悪いというだけの話
主人公や他のキャラはほとんどがハッピーエンドだったのに

57 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/13(土) 22:58:58.59 ID:KzeXSLEV0
昔国語(現代文?)の教科書に載っていた話。タイトルが不明でずっと気になってる。記憶も曖昧なのですが当時読んで胸糞悪かったので投下

時代は戦争中か戦後で、男の子兄弟が疎開先か施設を抜け出して、祖母を頼って遊びに行くことにした。
既に父母は死亡してたような設定だった。
祖母は薬局をやっていて、ある程度お金もあったし、兄弟に優しかったから歓迎されると思って遊びに行くことにした。事前に連絡はしていなかった。
祖母の自宅に行く途中、兄弟は祖母が営業していた薬局が廃業していて、解体され売却されているのを目の当たりにする。
祖母の家に着くと、祖母は表面上は兄弟に会えて嬉しいと言うのだが、兄弟の叔父(祖母の息子)にかなり気を遣って生活している。
兄弟のうち、弟は年齢が小さいため無邪気に祖母の家で過ごすが、兄は違和感を感じている。
食事をし、寝る時間になって兄弟は就寝した。
夜中に、兄が祖母と叔父が話しているのを聞いてしまう。
祖母「なんとかあの子たちを置いてもらえないだろうか…」
叔父「そんなお金はない、うちがどんな経済状況なのかわかっているのか!子どもなんて施設にでも入れておけばいいんだ!」

これを聞いた兄は夜じゅう眠れず、朝早くに弟を叩き起こして、祖母の家から逃げるように出て行く。


タイトルご存知の方いないでしょうか?

58 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/13(土) 23:10:32.84 ID:KU93kAKT0
ちらない

59 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 04:00:14.65 ID:21S8RG260
>>57
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1479791990/
こっちのが教えて貰えそうだよ
児童書板のこのタイトル教えてスレ

60 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 04:20:05.05 ID:VsN6yC/u0
前スレ942¯944のてるてる編の別の話。説明とかは面倒臭いので前スレ参照でお願いします

てるてるの弟子兼相棒の少年は、普段はチビで臆病で泣き虫なのだが、激しく感情が高ぶると我を忘れて凶暴化し、肉体の限界を超えた大暴れをしてしまうという「病気」を患っていた(さながらアメコミの超人ハルク)
しかし少年はてるてると一緒にいる時なら病気をコントロールすることが出来た
少年は彼女の危機の際に病気を発症して戦い、彼女になだめられると元の状態に戻る
実は少年は、出会った頃からずっと彼女に対して密かに想いを寄せ続けていた

てるてると少年は、ABどちらの政府にも属さない反政府派の革命組織に雇われて戦っていた
ある激戦に継ぐ激戦の末に、てるてるが意識不明の重体に陥ってしまう
少年はてるてるを治療する薬の素材を探し求め、敵地であるB領地の都市に潜入した
しかし戦時中の不況により、いくら探しても目的の薬の素材は見付からなかった

B側の軍人達が、額に「A」と刺青をされた人々をリンチにしていた
額にAの刺青をされた人々は、AとBの戦争の開戦時にB領に居たためにA領に帰ることが出来なくなったA出身者達だった
彼らはBに服従を誓うことで「協力的な敵国出身者」としてB領地で生存する事を許された身分なのである
しかし彼らは奴隷同然に差別され虐げられ、危険で激しい重労働を命じられ、時には戦争の腹いせに暴力を振るわれていた

少年は、B領で暮らすA出身者達の中に、自分と同じ村で生まれ育った幼馴染みの親友が居ることに気が付く
少年は幼い頃、「年上のキ○ガイのクソガキ(後の砂漠の妖怪である)」から毎日のように虐められて泣かされていたのだが、よく親友に助けてもらっていたのだ

61 :てるてる 2/3@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 04:26:28.56 ID:VsN6yC/u0
少年は親友との再会を喜び、思い出話や世間話に花を咲かせ、互いの現状を語り合った

親友は、少年が探している薬の素材を手に入れる事が出来ると申し出た
しかしその為には大金が必要な上に、非常に危険ない橋を渡らなければならない
親友は取引として少年に「銃」を要求した
少年としても親友に銃を与えることには色々とリスクがあったが、背に腹は変えられず、「絶対に銃を他人に見せない」という条件で取引を承諾した
二人は笑顔で手を降って別れた

その後、少年は「親友が死んだ」という知らせを受けた
意外なことに、親友を殺したのは親友と同じB領在住のA出身者であり、「A自治体」と名乗る団体だった
A出身者の誰かが事件を起こせば、B領内でのA出身者の立場はさらに悪化するだろう
そうならないために、互いに互いを見張りあって抑制し合い波風立たぬようにするのが自治体という団体なのだ
親友は少年から手に入れた銃をA出身者の仲間達に見せびらかして自慢していたらしく、不穏因子とみなされて自治体によって殺されてしまったそうだ
自治体は、ひたすら耐えて嵐が過ぎ去れば平穏な生活が待っていると信じていた

少年は我を忘れた。気が付いた時には、B領内のA出身者が暮らす自治区に来ていた
少年は半ば例の「病気」を「発症」した状態であり、目は殺気に充ち、激しい怒りからA出身者たちを殺そうとしていた

62 :てるてる 3/3@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 04:28:54.83 ID:VsN6yC/u0
少年の目の前に一人の男が立ち塞がった。男の額にはAの刺青があった
男は少年が復讐のためにここへ来ることを予測しており、少年を説得するために待っていたのだ

少年は、自分のせいで親友が死んだ、と自分を責める
男は「お前のせいではない」と少年に語りかける

親友は調子に乗って銃を見せびらかしていたわけではない
親友は、古郷であるA領に帰りたいと以前から願っていた
B領からA領までの道のりには数多くの危険が潜んでいる
そんな時に自衛のために銃が必要不可欠なのだ。銃さえあれば身を守れる、A領に帰れる。親友はそう信じていた
親友は仲間達に銃を見せることで、「皆で一緒に古郷に帰ろう」と呼び掛け、励まして勇気を与えようとしていたのだ

「あいつは自分の意思で自分の戦争に挑み、そして負けて死んだ。それはあいつ自身の責任であって、他の誰かの責任ではない
 もしそれが他の誰かの責任であるなら、あいつはただの可哀想な愚か者になってしまう」
「お前にも大切な人がいるんだろう?
 あいつが手に入れた薬を、その人に与えてやってくれ」

少年は正気を取り戻すと、てるてるのともに薬の素材を持ち帰った
そして薬の素材を調理しながら、「これを食べてくれるだろうか?元気になってくれるだろうか?」と想像を膨らませて楽しそうに笑い、涙を流し続けた

63 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 09:27:51.77 ID:m7BO1KMm0
普通にいい話のような…
言いつけを破れば死ぬとわかってる人が
不可能だけど大きな目的を達成しようとして言いつけを破って死に
それでも薬の材料を得るという友との約束の方は達成してるし

64 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 10:23:10.86 ID:kv8I+DBx0
なんか目先のことしか頭に入ってない感じだね
結局AとBの戦争や虐げられてる人達はそのままなんの好転もしてないし少年が親友のためを思ってやったことは徒労に終わってんだけどね
親友の死は自己責任、少年は当初の目的の薬を手に入れたから後味悪くないってのは読解力というか物語の背景を読み解く能力に欠けてる気がする
最近このスレにはそういう人増えたね

65 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 10:48:30.95 ID:/h30QvUe0
よく読んでないけどAとBで虐げたれてる人がいるから後味悪いよねってのはこの書き込みの主題ではないんじゃねぇの
あと徒労に終わった=後味悪いではないよね

66 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 10:59:00.46 ID:NHT7H0jq0
よく読みもせず分かることなのか?

67 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 11:02:51.64 ID:/h30QvUe0
変に長くて読む気にならんかったけど少年と親友ってのが主題なんでしょ?
それ以外の戦争中の人とかは言っちゃえば背景じゃん

68 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 11:12:59.93 ID:NHT7H0jq0
読む気も無いのに分かることなのか?

69 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 11:16:08.54 ID:LEsUeBz30
たしかに…

70 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 11:21:06.86 ID:kv8I+DBx0
やっぱり解ってないんだなぁ
男の説得というのも少年は本心から納得できたわけでなくて、親友の死や問題に自分が介入できるようなものではないと知り引き下がるしかなったんだよ
男が親友の死は少年のせいではないという言葉を無理矢理自分に納得させて、薬を笑って持って帰るんだけどそれでも不意に涙がこぼれてしまう
結局後味良いなんてことにはならないんだよ

71 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 11:42:02.48 ID:NHT7H0jq0
いや、まあ読んだ結果後味悪いと感じるか後味良いと感じるかは個人の自由じゃないのかな
解る解らないは別として

72 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 11:56:37.15 ID:nM0AgN590
別に後味良いとは言わんけど

73 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 12:09:03.83 ID:VV7JkBF+0
ゴルゴ13「ジンネマンの1時間」

高額な報酬と引換えに苦痛のない死を与える「Dr.デス」から冷酷無比な実業家に転身したジンネマン氏。
元は普通の医者だったが、苦しむ患者と家族に懇願されて安楽死を行なうと口コミなのか次々と依頼が舞い込み、感情が麻痺した。
ある日寂れた旧道で車が故障すると同時に目の前で単独事故。
義務で通報し、車が炎上し始めたので渋々運転者を助け出す。
運転者は臨月の妊婦で、意識がない。
炎上した車の助手席にお菓子と注射器があったのでなんだヤク中かと軽蔑するが、注射器の形はインシュリン注射用だと思い出し、では運転中に低血糖に、と判断して救命する。

母体が糖尿病患者だと胎児は未熟児か巨大児で、難産になりやすい。
ジンネマン氏の尽力で、運転者は意識を回復し元気な子を産んだ。
ここでやっと救急車到着。あとは救急隊に、とジンネマン氏は車にもどる。

(俺が笑っている…決して笑わない男、感情をなくした男が。俺はこの一時間で二人を救い、俺自身も救った…よし、もう一度やりなおそう。人生は美しい)
子を抱いた運転者が、あの人が助けてくれたんです、とジンネマンの車を指差すと同時に、ゴルゴ13はジンネマン氏を射殺した。

依頼人はジンネマン氏の患者の孫。相続を当て込んでいたのをジンネマン氏に全財産を遺贈されて、逆恨みしたのだった。

74 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 12:34:16.77 ID:2CiimT9B0
依頼人、ゴルゴに依頼する金はあったのか

75 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 15:02:51.98 ID:LEsUeBz30
たしかに…

76 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 16:02:21.57 ID:+IO8m/zN0
ジンネマンがDr.キリコみたく
安楽死に対して確固たる信念を持っていたら
色々と楽だったかも

77 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 18:10:41.97 ID:vZisc4bd0
自分の財産と遺産が欲しいのとは別なんじゃね

78 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 20:12:22.29 ID:VsN6yC/u0
>>73
さすがゴルゴは面白いな

79 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 20:14:15.39 ID:VsN6yC/u0
>>70
へー、そうなんだ。俺レスした当人だけどそこまで読解してなかったわ( ・−・)

80 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 21:51:56.39 ID:VsN6yC/u0
(‘∀`)「カーチャン、母の日だし旅行にいこう!」 J( ‘ー`)し「タカシ…こんなに立派に…」→

トルコでバスが崖から転落、23人死亡 「母の日」旅行の途中で
http://www.afpbb.com/articles/-/3128140

トルコ南西部の海沿いのリゾート、マルマリス(Marmaris)近郊で13日、女性と子どもらを乗せたバスが崖から転落し、少なくとも23人が死亡、11人が重傷を負った。

「残念ながら、20人の死者と11人の重傷者が出た。ひどい事故だ」と、ムーラ(Mugla)県のアミール・チチェキ(Amir Cicek)知事は述べた。

知事の代理人によると、バスはガードレールを突き破り、15メートル下の道路を走っていた車の上に落下したという。車には3人が乗っていた。
半国営アナトリア(Anadolu)通信が代理人の言葉として伝えたところによると、「この3人を含めると、死者数は23人になる」という。

事故はヘアピンカーブの多い急勾配の道で起きた。チチェキ知事は民放テレビNTVに対し、事故原因の調査は始まっているとして、「バスのブレーキが故障していた可能性がある」と語った。

その他の報道によると、西部の都市イズミル(Izmir)を出発したバスの乗客は女性と子どもだけで、14日の「母の日」を祝う旅行の途中だったという。

81 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 21:55:37.78 ID:VsN6yC/u0
22: 垂直落下式DDT(庭)@ [US] 2017/05/14(日) 15:22:21.53 ID:ohUFt57X0
今日は母の財布から金を取らないでいようと思っていたが、パチ●コしたくなって我慢できなかった

勝ったら花でも買おうと思う

27: ジャンピングDDT(やわらか銀行)@ [US] 2017/05/14(日) 15:23:57.53 ID:8SxCk7TK0
>>22
負けたらどうすんの?w
だったらそのお金でカーネーションでも買ってやれよw

34: 垂直落下式DDT(庭)@ [US] 2017/05/14(日) 15:32:18.39 ID:ohUFt57X0
>>27
取られた金で花買って貰っても嬉しくねえだろ
勝った金なら勝ち分は俺の金だしwin -win
まあ負けたら皿洗いでもするよ

クズな息子でごめん…
じゃ、打ってくるわ

24: ストマッククロー(芋)@ [US] 2017/05/14(日) 15:23:04.60 ID:TR+SSjQ20
やめれ。悲しすぎる

82 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/14(日) 22:16:25.86 ID:WPYXu9X20
>>81
今日が母の日だって今気が付いたわ
もう母ちゃんいないから別にいいんだけど

83 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 00:14:38.27 ID:HIskniYq0
>>46
クリストファー・プリースト「限りなき夏」な気がする

84 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 01:04:09.95 ID:Z/VKMH1g0
>>82
お前の母ちゃんなら俺の隣で寝てるよ

85 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 05:31:33.01 ID:n97ov1Mb0
>>84
成仏してください

86 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 06:55:52.75 ID:FLgtCaAv0
>>46
この理不尽さはSFというより
原因をオカルトでなくSFにしただけの、話の本質自体はホラーな気がする…

87 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 07:22:32.93 ID:HXwbSZqZ0
「The Candy Snatchers」 1973年のアメリカ映画
3人の誘拐犯が少女を生き埋めにし、身代金を要求する話
主な登場人物は以下の通り

被害者
キャンディ・・・誘拐される16歳の少女
キャンディの父親・・・宝石商を営んでいる、キャンディの義理の父親

誘拐犯の3人組
リーダー・・・冷酷かつ強欲な美女で、キャンディを物のように扱う
若造・・・リーダーの弟で凶暴なレイプ犯
軍人・・・誘拐に加担しているベトナム帰還兵

その他
少年・・・誘拐を目撃する自閉症の少年。母親から虐待されている

あらすじ
キャンディは学校から帰る途中、覆面を被った3人組に拉致される
ワゴン車の中で目隠しと猿ぐつわを着けられ、手足を縛られる
車で連れて行かれたのは人里離れた丘だった
そこには大きな穴が掘られており、棺のような木箱がはまっている
彼女は箱に入れられて、蓋の上から土を被せられる(空気パイプが地上に出ている)

犯人達はキャンディの父親に身代金として宝石を要求するつもりだった
宝石を手に入れたら、彼女が埋められている場所を教えるという計画だ
父親に連絡する為に犯人達は移動する

犯人達が去った後、草むらに隠れていた6歳くらいの少年が出てくる
彼はこの辺りを遊び場にしていて、キャンディが埋められるのを見ていた
家に帰り、誘拐のことを周囲の人に知らせようとするが、
彼は自閉症で上手く伝えることが出来ず、迷惑がられる
少年の母親はその様子を見て、私に恥をかかせるなと激しく折檻する

88 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 07:25:02.39 ID:HXwbSZqZ0
犯人達はキャンディの父親に身代金を要求した
しかし父親は身代金を用意せず、警察や妻にも誘拐のことを報告しない
それどころか秘書との不倫を楽しんでいる

彼は財産目的でキャンディの母親と結婚しており
義理の娘が死ぬ事は、むしろ好都合だった
妻はそんな夫から相手にされず、酒浸りの生活を送っている
キャンディの家庭は壊れていた

犯人達は、父親が身代金を持って来ない事に焦る
しかし警察が動いている様子はない
女リーダーと若造は、自分たちが甘く見られていると感じたので
キャンディの耳を切り落とし、父親に送りつけて脅すことを思いつく
ひとまず彼女を穴から出して近くの廃墟に連れていく

キャンディは催していた為、リーダーは元軍人の男に
彼女をトイレに連れて行くよう命令する
軍人はぎこちなくキャンディの下着を下ろし、トイレに座らせる
恐怖と恥ずかしさのあまり彼女は泣き出し、軍人は戸惑う

リーダーと若造はキャンディを椅子に縛り付けて、
悲鳴を上げる彼女の耳を切り取ろうとする
しかし、見かねた軍人がそれを阻止した
軍人は、親から見放されたキャンディに同情していた
2人きりになった時、キャンディを気遣う言葉をかけ
決して彼女に危害を加えない事を約束する

89 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 07:27:52.73 ID:HXwbSZqZ0
翌朝、父親との交渉の為、犯人達はキャンディを廃墟に残して出かける
その後、縛られ身動きの取れない彼女の前に現れたのは、自閉症の少年だった
キャンディの目隠しと猿ぐつわを外した後、手足の縄を解こうとするが
こちらは固く結ばれており少年の力では解けない

少年は、これで奴らをやっつけようか?とオモチャの銃を見せる
キャンディは「警察を呼んで」と懇願するが、外からバイクの音が聞こえてくる
犯人の若造が戻ってきたので、少年は急いで屋根裏に隠れる

目隠しが取れていたキャンディは若造の顔を見てしまった
若造はキャンディを殺そうとするが、その前に・・・と彼女に圧し掛かる
彼女は身を捩じらせて抵抗するものの、殴られ犯されてしまう
少年は屋根裏からその様子を興味深そうに覗いている

そこへ軍人とリーダーが戻ってきた
状況を察した軍人は激怒し、若造を殴り倒すがリーダーに止められる
軍人はキャンディの乱れた服を直してやる
彼女は放心した様子で「私に嘘をついたのね・・・」と呟く
軍人は激しく動揺する

90 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 07:29:49.28 ID:HXwbSZqZ0
父親との交渉は進まず、犯人達は強行手段に出ることにした
顔を見られた上に、既に用済みとなったキャンディは始末するしかない
軍人は自分がやると言って彼女を外に連れて行く
彼は丘に掘られた穴に、もう一度キャンディを埋めた
全てが終わったら必ず助けに戻ると告げて

軍人は仲間にキャンディを殺して埋めたと嘘の報告をする
若造はそれを疑ったが、穴を掘り返してまでは確認しなかった

犯人達は銃を買って宝石商の家に乗り込む
若造がキャンディの母親を殺害し、父親を脅す
金庫を開けさせて宝石の強奪に成功するが、
隙を突いて反撃に出た父親と銃撃戦になる

撃ち合いの末、リーダーと若造は死んだ
軍人はひとまず車で逃げるが、父親も車でそれを追う
キャンディの埋まっている丘まで逃げて、そこで決着をつける
軍人は父親を撃ち殺した

全てを終わらせた軍人は急いでキャンディを掘り起こそうとする
すると何者かが彼を撃った
撃ったのは宝石商の銃を拾った少年だった
もう一発撃たれ、軍人は倒れる

遠くから少年を呼ぶヒステリックな母親の声が聞こえてくる
少年は銃を持ったままそちらへ向かう
銃声が響き、母親の声は聞こえなくなる

“金は全ての幸福の源さ”と歌うカントリーソングが流れ
キャンディは埋められたまま映画は終わる

91 :よすが@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 08:14:43.58 ID:t9fdEFxt0
>>87
ありがとう、おもしろかった

92 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 12:45:58.84 ID:U49Jsqhm0
面白い
久々に面白い

93 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 13:31:33.27 ID:RsbQQzmE0
キャンディ視点で見ると、自閉症がいなければ何もなく無事に帰れたかもしれないのにな

94 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 15:14:55.29 ID:uEcdwYci0
とてもいい後味の悪さ ありがとう

95 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 15:20:10.45 ID:XYSmIsKK0
>>93
それは結果論だろう。

96 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 17:34:22.29 ID:Z/VKMH1g0
>>87自身の文章力が高いから読みごたえがあるだけで話自体は面白くもつまらなくもなく普通だと思う

97 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 17:53:40.54 ID:jv/m5dWo0
>>84みたいなつまらんレスしてる人間がなに言ってんの?

98 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 18:01:34.97 ID:Z/VKMH1g0
>>97
慰めてやりたかっただけだよ

99 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 18:10:46.49 ID:Z/VKMH1g0
実際込み入った内容でもなくて三行で説明出来るシンプルな話じゃん

女の子が誘拐されて生き埋めにされました
誘拐犯の一人や通りすがりの子供が女の子を助けようとしますが難航します
結局皆不幸になって女の子は救出されませんでした。後の引田天功である

>>87の文章は本当に読みやすくて凄く良いと思うけど

100 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/05/15(月) 18:47:28.44 ID:U49Jsqhm0
お前みたいなのもういいから

136 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)