2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

後味の悪い話 この169 [無断転載禁止]©2ch.net

322 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/04/02(日) 19:54:05.75 ID:yAXffnhv0
カミーユ・デムーラン

1789年、フランス国王ルイ16世は財務長官ネッケルの勧めに応じ、パリにて全国三部会
(貴族、聖職者、平民の代表が集まり税について話し合う)を主催したが、
議決方法に貴族、聖職者が懸念を評したため、平民と聖職者の一部が合流し「国民議会」を設立。
これに反発した貴族、聖職者はルイ16世に圧力をかけ、民衆に人気のあったネッケルを罷免させた。
(もともとネッケルは三部会の議決によって貴族、聖職者に課税しフランスの財政再建を企んでいた)。
これを聞いた、当時まだ20代であった弁護士カミーユ・デムーランは激怒し、
パレ・ロワイヤル(開明派の王族オルレアン公が開放していた庭園)において民衆を扇動。
ここに民衆はバスティーユ牢獄を襲撃し、ここにフランス革命は始まった。
その後、カミーユはジャーナリストとして活躍、ダントンとともにコルドリエ・クラブの主要メンバーとなり、
親友でジャコバン派の筆頭であるロベスピエール(愛妻リュシルとの間の子、オラースの名付け親でもある)と
交流し、革命を推進。
しかしロベスピエールの恐怖政治に対して行き過ぎだとキャンペーンを行ったところ、
ダントンともどもギロチンにかけられてしまった。行ったのは、カミーユの縁者で、カミーユのコネで引き立てられた

386 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)