2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その168 [無断転載禁止]©2ch.net

160 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2017/01/04(水) 00:50:14.26 ID:LDfUc5IY0
大晦日に放送されたがんこちゃん エピソード0
もともとがんこちゃん自体、人間が滅んで何百年経ってからの舞台という子供向けながらそれにそぐわないほどのシリアスな設定が存在するのだが、本編では一切触れなかったため知る人ぞ知るみたいなものとなっていた。
それでようやくこの人間が滅んだ後の世界という設定を、通常放送のざわざわ森のがんこちゃんとは別枠ながらも全面に押し出すことになった。

ある日がんこちゃんは偶然にもタイムマシンを見つけ過去へタイムスリップした。
タイムスリップした先はまだ人間が存在していた時代だったが、辺り一面は砂漠だらけでしかも人間よりもずっと大きい砂の怪物が人を襲っている、人間の文明が崩壊しているといってもおかしくない状況だった。
そのようなところで先ほどの砂の怪物を臆せず退治したことがきっかけで、がんこちゃんは二人の兄妹と知り合う。
そして二人の家に招かれたがんこちゃんは兄妹とたくさんおしゃべりをする。
すると、二人の両親や友達は知らない間に行方がわからなくなってしまったという重い事実をがんこちゃんは知ってしまうものの、一緒にサボテンの天ぷらを食べたりと仲良く交流する。
翌日の朝、妹が兄を驚かせたいという思いで内緒でサボテンの天ぷらの材料となるサボテンを取りに行くことになり、がんこちゃんも一緒に付いていく。
サボテンを無事取り終え家に戻ってみると、なんとさっきまでソファーにいた兄が見当たらないどころか兄がいた場所にはたくさんの砂が積もっていた。
家にいたお手伝いロボットに兄がどこに行ったか尋ねると、なぜか行方不明になったはずの母が兄を連れていったと話す。
その後やらなきゃいけない事を思い出したとがんこちゃんはタイムマシンで元の時代へ戻ろうとしたところ、妹にこっちの時代に来ないかと提案する。
しかし、いつか両親や兄が家に戻ってくるかもしれないからここでお留守番をすると話し、それに納得したがんこちゃんはそのまま別れの挨拶をしながら元の時代に帰ることになる。

449 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)