2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その167 [無断転載禁止]©2ch.net

262 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/11/23(水) 18:12:37.43 ID:R+Gz2QHz0
>>230はいどうぞ
「ドラゴンクエスト ビルダーズ」からリムルダール編
あらすじは>>123参照

毒と病に汚染された大地リムルダール
主人公は慈愛の精神に満ち溢れた修道女エルと共に、街と病院を作り、餓えと病に苦しむ人々を保護して治療していく
患者を救うために薬が必要になり、エルはゲンローワという名の世捨て人の老人に協力を仰ぐ
ゲンローワはかつては人々を救うために薬の製造の研究をしていたが、薬は完成せず誰一人救う事が出来ず、いつしか「人間が死に抗うことなど愚かな事だ」と達観して諦めてしまい、今は死者のために弔いの墓を建てることに人生を捧げるようになっていた
ゲンローワは「エルの頼みとあらば」と渋々承諾し、街で薬剤師として働いてくれる
主人公とエルとゲンローワは何人もの病人を救っていく
しかしいくら看病しても治癒しない謎の奇病に冒された患者たちがいた
ある夜。エルの悲鳴が街に響き渡る
謎の奇病に苦しんでいた患者たちが次々と「くさった死体」というモンスターに変貌し、街を内側から襲撃したのだ
主人公たちによって腐った死体たちは倒される

しかし、今度はエルが病に倒れてしまう
エルは腐った死体の奇病に感染してしまった。このままではエルまでも腐った死体になってしまうのだ
エル「今の私たちではこの病は治せないでしょう…」
「それに…もし私が感染を広げればこの街は終わりです…」

「どうか…私を…殺してください……」

ゲンローワは「私の元助手であるウルスに会いに行け」と主人公に言う
かつてゲンローワにはウルスという研究助手がいた
ゲンローワが薬作りを諦めても、ウルスは諦めずに一人で薬作りを続けた
そのウルスであれば、もしかすればエルを治療する方法を編み出しているかもしれない
主人公は人里離れた地に暮らすウルスに会いに行く
ウルスの家には大量の死体が転がっていた。おそらく、ウルスが助けようと処置を施して救えなかった人々の死体
ウルスは家の奥で頭を抱えて震えていた

433 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)